ガソリンスタンドでのガソリン小分け販売について

 

 京都市伏見区において、ガソリンを使用した放火による火災が発生しました。
詳細については、関係機関により現在調査中ですが、小分け販売したガソリン等の危険物が放火等の犯罪に
悪用され、大きな事故につながるおそれもあります。
 そこで、消防庁から、「給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて」
通知文書が発出され、ガソリンスタンド側に、

1)購入者の身元確認(身分証の提示を求めるとともに可能な限りコピーを取得)
2)使用目的の問いかけ
3)販売記録の作成                          の要請を受けました。
 
 購入者のみなさまへガソリンスタンドから購入に関する確認があった際は、ご協力をお願いします。


詰替え時の対応

                                情報提供にご協力を!

 〇東京消防庁からのお知らせ
 給油取扱所における容器詰め替え行為等に係る消防法尊守等の再徹底について(依頼)


 〇携行缶によるガソリン販売先記録簿

 〇ガソリンの取扱いリーフレットチラシ(消費者向け)

 〇給油所における1日の販売数量早見表